藤本壮介展@ワタリウム美術館

今日はワタリウム美術館で開催されている
「藤本壮介展 山のような建築 雲のような建築 森のような建築」
を見に行って来ました。






藤本壮介は建築家って言うよりも、
「建築にものすごい詳しい芸術家」だと思う。


見た目が美しいか、美しくないか、とか
住みたいか、住みたくないか、
機能的か、そうでないか、
など、この人の建築はそう言うのは本当にどうでもいい。
(本人は機能的だ!って思っているかも・・・ゴメンナサイ。)
ただ単に、好きか、嫌いか。
私はこの人がつくるものってすごい面白いって思う。
だからきっと好きな方なんだろうな。


想像力がものすごい長けているし、
発想が豊か。


「じゃあ、小野澤さんもあーゆーのつくりたいの?」
って聞かれたら
「全然つくりたいとは思わない」
って答えますけどね。
私がつくりたいものとは違う・・・っていうか、
私には絶対にできないものだ。
でもこの人の文章を読んでいると、共感できることが結構あるんだよな。
同じようなこと考えていても
アプローチの仕方が私とは違うんだろうな。
何にせよ、すごい建築家です。



私の母校(武蔵野美術大学)の図書館の設計もされていて、
去年新しくできたんですよね。
その模型なんかもあって、
見に行きたいと思いつつ行ってなかったのを思い出したので、
そろそろ見に行こうかな。
ムサビまで原付でブ〜ンって行けるくらい暖かくなってから。
(まだまだ先だ!!)



展覧会は見応え充分で、そんなに大きくない美術館なのに
気が付けば1時間半も滞在してしましました。



今週末、16日(日)までの開催です。
興味のある方は是非。

コメント

非公開コメント

プロフィール

小野澤 裕子

Author:小野澤 裕子

WEBサイトはこちら
onozawa-archi.com

年月アーカイブ

検索フォーム