妖精といた夏

今日はとても気持ちの良い日でしたね。
午前中はちょっと立川まで行く用事があったのですが、
原付で出かけた私はそのまま駅をスルー、
モノレールには乗らずに原付で向かいました。


空気がとっても気持ちよかったから。


そこらじゅう、金木犀の良い香りがしますね。
多摩川沿いは彼岸花がたくさん咲いていました。
もう秋です。
今年の夏はなんだか長かったけど、
ふと「夏が終わったんだな〜」と、実感した日でした。





夏の終わりにこの一曲。
山崎まさよしの「妖精といた夏」
秋の気配を感じる、情景が目に浮かぶ曲です。




コメント

非公開コメント

プロフィール

小野澤 裕子

Author:小野澤 裕子

WEBサイトはこちら
onozawa-archi.com

年月アーカイブ

検索フォーム